院長紹介

  • HOME »
  • 院長紹介

院長挨拶

リウマチや膠原病を専門とした勤務医をへて、2016年4月、はせがわクリニックを開院しました。
内科医として、これまでの経験を生かして、できる範囲で診療することを心がけていますが、能力が及ばず、患者さんに満足してもらえる医療サービスを提供できないことがあります。世の中の医療技術は確実に進歩しているものの、様々な病気、高齢化といった問題を持った患者さんに、ひとりの医師としてできることに限りがあることは、以前から感じていましたが、その思いは、年々強くなっています。
世の中には、能力の高い医療者がいて、その恩恵を受けることができる患者さんも数多くいるのでしょうが、私が現時点で目標としていることは、概ね標準的であって、かつ、患者さん一人ひとりにとって無理のない医療サービスを提供することと考えています。
医師になった当初、医師は献身的に可能な限りの努力をするべきとの教育を受け、長年にわたり、これを実践することを心がけていたのですが、そのような状態が続くと、いつの間にか、心身が疲弊してしまい、医師として長続きしなくなるということもわかってきました。
できる範囲で頑張っては行きますが、期待に応えられないこともあります。どうかご理解ください。

院長 長谷川尚(はせがわ ひさし)
医学博士
日本内科学会認定総合内科専門医
日本リウマチ学会専門医

プロフィール

1989年3月金沢大学医学部卒業
1989年5月新潟大学医学部付属病院内科研修医
1991年5月新潟大学医学部第2内科入局。以後、新潟大学、新潟市民病院、厚生連秋田組合総合病院、新潟県立瀬波病院などに勤務。
2016年4月はせがわクリニック開院

PAGETOP
Copyright © はせがわクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.